ダイソーのレトロデザインで人気な「ブルートゥーススピーカー レトロタイプ」購入しました。

ダイソーでがレトロテイストで人気な「ブルートゥーススピーカーレトロタイプ」を購入しました。デザインがキュートなので発売された時からインスタ、SNSで人気ですね。

価格 | どこの売り場にある? | 使い方 | 使った感想

価格

ダイソー ブルートゥーススピーカー


ブルートゥーススピーカー レトロタイプ」(700円)
価格はダイソーですが700円です。100円以外の商品も増えているダイソーですが700円はそこそこ高い方ですね。人気商品なので何件も回らないと購入できないかな?と思っていましたが最寄りのそこまで大きくないダイソーで在庫もあったので好きな色が選べました。(たまたま?)

ダイソー ブルートゥーススピーカー


色は画像のピンク以外にも青、白があります。サイズは女性の手にも乗る程度のコンパクト(約96mm x 56mm x 66mm)&軽さ(重量206g)です。箱の中は本体・USB充電コード・説明書が入っています。

どこの売り場にある?

ダイソーは食品から日用品、雑貨まで揃っているので欲しい物がどこの売り場にあるか分かると見つけ出しやすくなりますよね。私が買った店舗ではスマホコーナー付近にありました。スマホ用スピーカー周辺にある事が多いかなと思います。


使い方

ダイソー ブルートゥーススピーカー


充電ポートは前面にあります。※操作ボタンなどは全て前面にあり後ろはスッキリしています。こちらにUSBケーブルを挿してランプが付くのを確認したら電源ボタンをONにします。”電源を付けると「Bluetooh mode」という声がします。そしてスマホ側ブルートゥースをOnにして”SR1323″と接続させます。”と説明書に書かれています。

私はi-phoneなのでi-phoneの場合は、「Bluetooh mode」という声が聞こえたらiphoneの「設定」-「Bluetooth」でSR1323と接続し、ミュージックから曲を呼び出して聞いています。※時間が経って接続が切れたら本体電源をONにすればまた自動で接続できます。

スマホ以外にもmicro SDカードスロットが付いているのでSDカードから再生する事も可能です。再生ファイルは形式はMP3です。こちらは対応データが入ったSDカードをスロットに差し込むと自動的にデータを読み取り再生してくれます。

使った感想

音の良し悪しはよく分からないですが、雑音が混ざったりなどはないので悪くはないんじゃないかなと思います。操作方法も普段使っているスマホから操作するので難しい・分からないという事はないです。

曲と曲の間にたまに小さくブチっという音が聞こえる事がありますが元々スマホから呼び出して聞いているのでメールが来たり、何かの通知がきたら音が遅れたりはあります。

ボリュームは横の丸いつまみで調整できてレトロな感じがいいのですが、今どれぐらいのボリューム設定になっているのか分かりにくいのですがこれはスマホ側で操作する前提なのかな?と思います。スピーカーからももちそん操作できますが

パソコン、スマホから音楽を聴く事はあったのですが動作の邪魔に感じたりしてあまり使わなくなっていましたが、久しぶりに音楽を聴いたらやっぱりいいなーと思い、ついスマホから曲を買ってしまいました。。

在宅作業が増えてストレスが溜まっているかも?と思う方は音楽でリラックスできるのでいいんじゃないかなと思います。700円でちょっとQOLが向上した気がします。